2010年03月31日

有珠山 噴火から10年 洞爺湖町などでイベント始まる(毎日新聞)

 00年3月31日に水蒸気爆発を起こした北海道の有珠山噴火から間もなく10年。住民1万6000人が避難したが、1人の犠牲者も出さなかった「00年噴火の教訓」から学び、次の噴火に備えようと27日から地元自治体でさまざまなイベントが始まった。

【激しく噴火する有珠山の写真も】写真特集 日本の火山

 27日は、洞爺湖町で火山学習会が行われた。地元の民間グループ「有珠山噴火メモリアル委員会」の主催で、親子ら約40人が練り状のチョコレートと生クリームをマグマに見立てて溶岩ドームづくりに挑戦。指導した宇井忠英北大名誉教授は「自分で作業をすることで山の生い立ちが理解しやすく、実感できる」と話す。また、伊達市でも記念フォーラムが開催され、岡田弘北大名誉教授や菊谷秀吉伊達市長ら4人が当時の防災対応を検証。約130人が熱心に耳を傾けた。

 28日以降もシンポジウムや勉強会が予定され、噴石で家屋が倒壊するなど被害が最も大きかった洞爺湖町では31日に噴火が発生した「午後1時7分」にサイレンを流す。【新庄順一】

【関連ニュース】
【特集】ニュースがわかる 火山の国に暮らす
<火山のニュース>桜島:火山活動活発、どうなる 昨年、観測史上最多548回の爆発的噴火
<写真特集>浅間山噴火(09年2月)
<火山のニュース>雲仙火砕流:焼けたカメラ、記念館で公開

魁皇に総理大臣顕彰(時事通信)
自民中堅・若手が谷垣総裁に「執行部刷新」を直談判(産経新聞)
新型インフル GSK社製ワクチンの32%解約(産経新聞)
<桑田真澄さん>早大大学院を修了「研究の奥深さ知った」(毎日新聞)
「177」情報更新10時間半なし…気象庁ミス(読売新聞)
posted by ソネ クニオ at 23:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。