2010年03月06日

<大津波・津波警報>北海道・根室市で30センチを観測(毎日新聞)

 南米チリの大地震の影響で、気象庁は28日午後0時43分に東京都・南鳥島で高さ10センチ、同1時47分には北海道根室市で30センチの津波を観測した。同庁は28日午前、日本の沿岸に1〜3メートル程度の津波が到達する恐れがあるとして、青森県〜宮城県の三陸沿岸に大津波警報、その他の太平洋沿岸に津波警報を発令。すぐに高台に避難し、海岸に近づかないよう呼びかけている。【福永方人】

【関連ニュース】
【写真特集】大津波・津波警報に厳重警戒 列島各地が緊迫
【津波避難の注意点】高台へ、車で逃げない、貴重品はあきらめる
【写真特集】チリでM8.8の大地震
チリ地震:高架道が、家屋が崩壊…さまよう住民ら
<昭和毎日>チリ地震津波、三陸を襲う(1960年5月24日)

残業時間、18カ月ぶりプラス=生産持ち直しで−厚労省1月調査(時事通信)
国内後発品市場参入へ4月に「第一三共エスファ」設立(医療介護CBニュース)
医師ら41人の行政処分を公表―厚労省(医療介護CBニュース)
「だまされぬよう聞き分けて」=振り込め撲滅でキャンペーン−警視庁(時事通信)
<鳩山首相>公務員の労働基本権 11年から導入(毎日新聞)
posted by ソネ クニオ at 18:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

赤ちゃん型ロボット開発=はいはい、顔の表情も−阪大など(時事通信)

 赤ちゃんがはいはいを覚えたり、コミュニケーション機能を獲得したりする仕組みを研究するためのロボットを大阪大などの研究グループが開発、大阪市で3日、報道陣に公開した。人間の発達に関するこれまでの仮説をプログラムし、動きを観察することで、その仮説が正しいかどうかを検証するといい、心理学や脳科学などの分野での利用を期待している。
 開発したのは、大阪大大学院工学研究科の浅田稔教授と同基礎工学研究科の石黒浩教授らのグループ。
 公開された赤ちゃん型ロボットは、はいはいや歩行、つかまり立ちなど高い運動機能を持った「M3−neony(エムスリー・ネオニー)」(高さ約50センチ、重さ約3.5キロ)と、視線や口の動きなどを表現できる「M3−synchy(エムスリー・シンキー)」(高さ約30センチ、重さ約2.3キロ)の2種類。
 赤ちゃんの身体や表情の動きを再現し、観察することで、運動やコミュニケーション能力の獲得といった人間の発達メカニズムの解明につながるといい、石黒教授は「発達過程に関する仮説がどの程度正しいかを研究できる。さまざまな分野で利用してほしい」と話している。 

【関連ニュース】
【動画】ロボット力士が熱戦=優勝は高校生ら、国技館で大会
未来のカメラ、ロボット登場=開幕まで100日、日本館アピール
ロケット発射、ネットで体験を=人気ゲーム3作目
ロボット力士が熱戦=優勝は高校生ら、国技館で大会
「パロ」、米に癒やしお届け=アザラシロボ販売へ

<北教組事件>書記長ら2人で資金捻出 組織的に引継ぎか(毎日新聞)
監禁致傷容疑で4人逮捕(産経新聞)
<横浜3人重軽傷>拳銃発砲後自殺の元組幹部書類送検(毎日新聞)
民主、北教組ショック再び 労組丸抱え 白日に(産経新聞)
「名前忘れた」さい銭盗未遂被告に懲役3年求刑(読売新聞)
posted by ソネ クニオ at 01:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。