2010年01月22日

<福岡市>「うまかもん」満喫ツアー 「福たび」を発売(毎日新聞)

 福岡市は19日から、博多の「うまかもん」を満喫し、文化に触れられる期間限定の体験型ツアー「福たび」の発売を始めた。博多織の見学や博多人形の絵付けなどの定番をはじめ、鮮魚市場でのマグロ解体ショーや、プリクラやコスプレ体験ができる外国人向けのサブカルチャーツアーなど、全部で55コース。吉田宏市長は「多くの人にユニークな旅を体験してもらい、福岡観光の目玉にしたい」と話している。

 福たびは市主催のキャンペーン事業だが、ツアー自体は業者やNPOなどが担う。コンセプトは「福岡ならではの楽しみをおもてなしの心で提供する」。料亭の女将が指南役を務める「博多の芸妓さんとミニお座敷体験」など博多の“粋”が体験できる「まち文化体験」(27コース)をはじめ、福岡城跡など福岡市の名跡を訪ねる「まち歩き」(16コース)、外国人向け(12コース)がある。外国人向けでは英中韓の3カ国語でのガイドが可能。全コースとも事前予約が必要。

 詳細は市の観光案内サイト「よかなび」などで閲覧できる。ツアー案内の設置先などは福たび事務局(092・733・5050)へ。【鈴木美穂】

<日本国際賞>岩崎・東北工業大理事長ら2氏が受賞(毎日新聞)
<雑記帳>松井秀喜選手、ハイブリッド型油圧ショベルを運転(毎日新聞)
民家全焼、女性1人死亡 大阪・茨木(産経新聞)
SNA機が羽田に緊急着陸、車輪にトラブル(読売新聞)
<歌会始>「光」を題に、皇居・宮殿で(毎日新聞)
posted by ソネ クニオ at 21:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<介護報酬不正受給>松坂市が8000万円返還請求へ 三重(毎日新聞)

 三重県松阪市は15日、認知症の高齢者らが暮らす市の施設「グループホームいいたか」(同市飯高町)の指定管理者「社会福祉法人いいたか」(田中晋一理事長)が、介護報酬を不正受給していたと発表した。

 介護支援専門員(ケアマネジャー)がいないのに、配置しているように装っていたという。

 市は不正受給分と課徴金計約8043万円の返還を求める。

 また、7月1日付で同施設のグループホーム指定と、同法人の指定管理者指定を取り消す。市はそれまでに、新たな指定管理者を選定する方針。

 市によると、同施設は設置が義務付けられているケアマネジャーを創設の06年4月(当時の指定管理者は、同法人の前身のNPO法人)から09年8月まで置かず、介護計画を作成していなかった。返還を求めるのは、社会福祉法人化した08年1月以降の不正分。

 この施設では現在、17人が生活している。うち1人は同県鈴鹿、亀山両市で組織する鈴鹿亀山地区広域連合が入居させており、同連合も約513万円の返還を法人に求める。【橋本明、大原隆】

海自のインド洋給油終了、部隊は帰国の途に(読売新聞)
口にチャックの民主・大物議員…渡部氏除く(読売新聞)
特養待機者の都道府県別人数を公表―厚労省(医療介護CBニュース)
<トラフグ>水温調節だけでオス化する技術 近畿大研が開発(毎日新聞)
子供たちのあいさつ運動始まる(産経新聞)
posted by ソネ クニオ at 11:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。